現地評価試験
HOME > 現地評価試験

評価試験とは?

 生研センターにおいて、21世紀型農業機械等緊急開発事業で開発された新たな農業機械について開発から実用化への円滑な移行を図るため、開発機の現地適応性・取扱性および耐久性等の確認を目的として、県試験場、試験実証地区の営農組合、農業改良普及センター、研究参画企業等の協力を得て平成11年度から実施しているものです。
 新農機では、生研センターの委託を受けて、試験結果の総括及び実用化に向けて検討を行う中央検討会の開催及び関連情報の提供等を実施しています。

H20年度現地評価試験について

 生研センターでは、平成20年度においては、下記の6課題について、各試験地及び開発企業の協力のもとに現地評価試験を実施しました。
*青色の機械名・装置名をクリックして下さい。「独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター」 のホームページにリンクしています。
野菜接ぎ木ロボット用自動給苗装置
全埼玉農業総合研究センター、JA全農長野、JA全農いわて等で現地試験を実施

野菜接ぎ木ロボット用自動給苗装置の外観
環境保全型汎用薬剤散布装置
北海道中央農業試験場、群馬県農業技術センター・高冷地野菜研究センター、長野県農業試験場で現地試験を実施

環境保全型汎用薬剤散布装置の概要
中山間地域対応型防除機
長野県農業試験場、兵庫県農業総合研究センターで現地試験を実施

中山間地域対応型防除機の外観
汎用型飼料収穫機
家畜改良センター、群馬県畜産試験場、千葉県畜産総合研究センター、新潟県畜産研究センター、三重県畜産研究所、岡山県総合畜産センター、広島県畜産技術センター、徳島県畜産研究所、福岡県農業総合試験場、宮崎県畜産試験場、等で現地試験を実施

作業風景(トウモロコシ、予乾牧草、飼料イネ)
牛体情報モニタリングシステム
北海道・岩田牧場、北海道・沢口牧場、長野県・酒井牧場で現地試験を実施

牛体モニタリングシステムの概要
乳頭清拭装置
北海道根釧農業試験場で現地試験を実施

乳頭清拭装置の外観

H18年度現地評価試験について

 生研センターでは、平成18年度は下記の4課題について、各試験地及び開発企業の協力のもとに現地評価試験を実施しています。
*青色の装置名をクリックすると各機種概要がご覧いただけます
日本型水稲精密農業(PF)実証試験

全国8ヵ所に現地試験を委託
[本試験]:宮城、新潟
[サブ試験]:宮城、秋田、新潟、滋賀、兵庫、京都大学

作物生育情報測定装置
穀物収穫情報測定装置
可変施肥装置
無人ヘリ搭載式作物生育情報測定装置
環境保全型汎用薬剤散布装置

全国2カ所に現地試験を委託
 [ 北海道、群馬県 ]

ドリフト低減ノズルによる散布作業

(ドリフト低減ノズル)
(慣行ノズル)
繋ぎ飼い飼養における新酪農システム
 

 飼養規模50頭以上の繋ぎ飼い農家を対象に搾乳ユニット自動搬送装置や細断型ロールベーラなどの緊プロ機を導入して、ふん尿処理・利用までを含めた一連のシステムとしての効果を実証しています。


群馬県・栃木県の2牧場で現地試験を実施しています。また、群馬県畜産試験場、畜産草地研究所に委託して、現地調査・経営評価を実施しています。

高精度固液分離装置
自然エネルギー活用型高品質たい肥化装置
搾乳ユニット自動搬送装置
細断型ロールベーラ
バレイショ茎葉引抜き機

北海道に現地試験を委託

バレイショ茎葉引抜き機

(自走式)
(トラクター装着式)

H17年度現地評価試験について

 生研センターでは、平成17年度は下記の3課題について、各試験地及び開発企業の協力のもとに現地評価試験を実施しています。
*青色の装置名をクリックすると各機種概要がご覧いただけます
日本型水稲精密農業(PF)実証試験

全国8ヵ所に現地試験を委託
[本試験]:宮城、新潟
[サブ試験]:宮城、秋田、新潟、滋賀、兵庫、京都大学

作物生育情報測定装置
穀物収穫情報測定装置
可変施肥装置
無人ヘリ搭載式作物生育情報測定装置
自動直進田植機

全国4カ所に現地試験を委託
 [ 秋田、埼玉、富山、滋賀 ]

自動直進田植機
 
繋ぎ飼い飼養における新酪農システム
 

 飼養規模50頭以上の繋ぎ飼い農家を対象に搾乳ユニット自動搬送装置や細断型ロールベーラなどの緊プロ機を導入して、ふん尿処理・利用までを含めた一連のシステムとしての効果を実証しています。


群馬県・栃木県の2牧場で現地試験を実施しています。また、群馬県畜産試験場、畜産草地研究所に委託して、現地調査・経営評価を実施しています。

細断型ロールベーラ
搾乳ユニット自動搬送装置
高精度固液分離装置
自然エネルギー活用型高品質たい肥化装置

H16年度現地評価試験について

 生研センターでは、平成16年度は下記の3課題について、各試験地及び開発企業の協力のもとに現地評価試験を実施しています。
*青色の装置名をクリックすると各機種概要がご覧いただけます
日本型水稲精密農業(PF)実証試験
 全国7ヵ所に現地試験を委託
 [本試験]:宮城、新潟
 [サブ試験]:宮城、秋田、新潟、滋賀、兵庫 
 作物生育情報測定装置
 穀物収穫情報測定装置
品質管理型たい肥自動混合・かくはん装置

 群馬県に現地試験を委託
自然エネルギー活用型高品質たい肥化装置

 全国3ヵ所に現地試験を委託
(参考紹介)

高精度固液分離装置

過去の現地評価試験

平成15年度の現地評価試験はこちらをクリックして下さい。
平成14年度以前の現地評価試験はこちらをクリックして下さい。
このページの最初に戻る